自動車保険は必要だと思う

自動車保険がこの世になかったとしたらたった一度の過ちによって人生が終わってしまうのではないかという不安がありますよね。いくらなんでも数億円の賠償金というのは多すぎなのではないかと思う時もあるのですが被害者の損失を考えるとそれも仕方がないのかなぁという気持ちがします。特にもう治療しても完治することのないような障害が残ってしまった場合にはそれに対する補償が必要になりますから加害者はその補償をするのは当然というのが世間の意見なのではないでしょうか。

たった一度の過ちというのは言葉にすれば一言で終わってしまうようなシンプルなものですが被害者が受けた心の傷というのは一生消えることはありません。もし自分が交通事故の被害者だったらと考えれば少しは想像がつくのではないかと思います。交通事故で二度と歩くことができなくなってしまったという人もいるくらいですから場合によってはさらにひどいケースもあるでしょう。そういった事例が自分のことだった場合にはどういう気持ちになってしまうのでしょうか・・・。ちょっと想像がつきませんよね。

道路というのは不特定多数の車が往来する場ですから当然ながらそこにはルールがあります。しかし、そのルールを甘く見てしまったことによって取り返しのつかない事態になってしまうというケースが少なくありません。ですからいつもあまりルールについて意識をしていないという人がいればもう一度交通事故の危険性について再認識してほしいと思います。車を運転する人それぞれがそういう風にもっと危険性を意識していれば防げる事故というのもきっとたくさんあるはずなのです。

もちろん万全の状態だったとしても自然災害などの影響でトラブルが発生してしまうということもあります。ですが対策をしていれば多くの事故を無くすことが可能です。もちろん自動車保険でいざという時のお金は用意することができるものの一番は事故が発生しないということでしょう。みんながきちんと譲り合いの精神をもっていれば狭い路地で接触事故を起こすということもなくなるでしょうし、そうなれば清々しい気持ちで毎日を過ごすことができるようになるのではないでしょうか。

人生に対する認識というのは十人十色です。そして一人一人の考え方が違うからこそこの世界は楽しいことがたくさんあるのだと思います。しかし、そうだとしてもみんなが安心して暮らせる世の中にするためには一定の決まり事を守るということが必要です。道路交通法などの法的なルールはもちろんですが同じ道を利用する者である以上、譲り合いの精神を持つということもモラルとしてとても大切だと思います。そしてそういったモラルがあればもっと素晴らしい世の中になっていくはずです。